バイアグラの作用

90年代末期から2000年に男にとっては夢の様なED治療薬が登場しましたその名はバイアグラ、発売当時は世界に旋風を巻き起こし過剰摂取や副作用による死者や法律的に触れた販売そして偽物が沢山世に出回るという社会問題にもなりました。
日本は14年5月にジェネリックが流通されており入手するには医師からの処方箋が必要です。
又認可がされてるPDE5阻害薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスの3種で勃起不全の症状をEDと呼ばれてます。

このEDに対し強力な効能を発揮するのがED治療薬であるバイアグラです。
ED治療薬は万人がご存知の事と思いますが勃起不全のメカニズムを知っている人は少ないと思います。
主成分シルデナフィルはED及び高血圧の治癒薬で勃起不全治療で使われる薬はPDE5阻害薬と言われます。
男が性刺激を受ける興奮で脳からペニスの神経に伝達され一酸化窒素が放出されます細胞内にサイクリックGMPと言う血管拡張の効果がある物質が増し海綿体の血管が拡張し血液が流れ勃起するのです。
服用法は通常の医薬品と同様で水以外で飲むという方もいますがタブレット系は水分と一緒に胃中で溶けるよう作られてるので水無しで飲用すると体内で完全には溶け切らず満足いく効果を発揮できない可能性があります。
食後のお茶やジュースで飲む事も推奨しておらずお茶はタンニンの成分がシルデナフィルと結合してしまい成分の吸収が悪くなる事も考えられます。
ジュースも同じで内容成分によって代謝分解を妨害しますまた医薬品と同じく服用するのが基本としアルコールと同時摂取はオススメ出来ません必ず用法容量を守り水、ぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。
服用時間はパートナと行為を行う1時間前に1日1錠飲みこの事を守れば何時服用しても問題無いとされてますが人によりけり吸収速度というのは個人差が在り特に脂分の多い食後に服用し効果が実感するまで大体1時間で効能が現れるそうです。

次に副作用ですが報告の多い順として顔が赤くなる火照り、頭痛や眩暈の症状は患者の1パーセントに見られ他は鼻詰まりや消化不良で通常の場合一時的であり正しい量や回数を守ってさえいれば自然に収まります。
少しでも自身で気になる副作用を感じたならば、症状が治まるまで安静にし暫く様子を見てもし体調が良くならない、症状悪化が発覚したら自身の命に関わる事かもしれないので病院に診察行く事をオススメします。

オススメ情報サイト⇒バイアグラNAVI

サイトメニュー